花粉症は4人に1人は割合で発症しています!

花粉症の症状

花粉症の3大症状は「くしゃみ、鼻水、鼻づまり」です。

異物が鼻から侵入すると、その異物を外に追い出し体内に入りにくくするための生体防御反応として「くしゃみ、鼻水、鼻づまり」が現れますが、アレルギー反応によってそれが過剰に発現するのが花粉症の症状です。

・くしゃみが出る

くしゃみは異物を外に出そうとする働きです。アレルギー性鼻炎では続けて何回も起こることが特徴です。

・鼻水が出る

鼻水が異物を洗い流そうとする働きです。風邪の粘り気のある鼻水とは違い、透明でサラサラしているのが特徴です。

・鼻が詰まる

鼻づまりは鼻の粘膜が腫れ、鼻の通りが道が狭くなることによって起こります。他の症状よりも後から起こりやすいのが特徴です。

花粉症対策

治療を行っていても、原因となる花粉は空気中にたくさん含まれています。症状の悪化を防ぐためには、花粉をできるだけ避けるように日常生活で工夫することが大切です。

・花粉情報に注意する。

・発散の多いときの外出を控える。

・外出時にはマスク、メガネを使用する。

・花粉の付着しやすいので、表面が凹凸な織物などのコートの使用を避ける。

・帰宅時に、衣服や髪をよく払ってから入室する。

・洗顔、うがいをし鼻をかむ。

・発散の多いときの布団や洗濯物の外干しは避ける。

・掃除を励行する。特に窓際を念入りに掃除をする。

少しでも予防対策をして症状を抑えたいものですね♬