梅雨☔️の時期など体調が優れないことはありませんか?

「雨が降ると古傷が痛む」または、雨が降ると頭痛を訴える人も多くなる傾向があります。

私たち人間の体は知らない間に天候の影響を受けています。

天気予報などでおなじみんの「気温」・「気圧」・「湿度」これらの変化は、人間の体に影響を及ぼす原因でもあります。

とくに梅雨の時期は、季節の変わり目で、雨が続いたり、晴れと雨を頻繁に繰り返したり、と日ごとの気圧の変化が激しい上に、

気温差も激しい時期であるので、これが体に大きな負担やストレスになるのです。

最近では、温暖化が原因とされる「ゲリラ雷雨」などの異常気象が多くなっていますが、そのような変化も私たちの体に大きな影響を及ぼしています。

気象の変化が体調に影響を与えることでなんらかの症状 を発症したり、悪化させたりする病気を『気象病』と言い、気象病は天気の変化が発症のきっかけとなるため、別名「お天気病」とも呼ばれています。

気象病の予防や改善には、気象の変化に負けない体作りを心掛けましょうね?