日焼け止めは紫外線A波と、紫外線B波をカットするものです。

SPFは、サンプロテクションファクターの略で、主にUV-Bの防止効果を表す目安の数値です。数値が大きいほど効果が高くなります。この数値の意味は50だから50時間効いて30だから30時間効くと言う意味ではありません。

紫外線が当たりだしてから日焼けをしてしまう(紅斑といって赤い斑点が出て炎症を起こしている状態)まで、人によって個人差がありますが大体15分〜20分と言われています。例えばSPF 30なら30倍遅らせることができる…という意味です!!

20分×30倍=600分 (10時間)に延長

つまりSPFとは[時間]ではなく[防御力]の強さであるといえます。

PAは、プロテクショングライドオブUVAの略主にUV-Aの防止効果を表す目安の数値です。+の多さがUVAに対する効果の高さを示します。

PA + + + + 極めて高い効果がある

PA + + + 非常に効果がある

PA + + かなり効果がある

PA + 効果がある

紫外線A波で特に気にしてほしいのは「1年中紫外線が降り注いでいる」言うことです。特に3月から9月は2月までの焼く3倍の紫外線の量です⚠️

今から紫外線対策をしていきましょうね♡