正月2日の夜から3日の朝にかけてみる夢を初夢といいます(諸説あり)。

江戸時代に流行った夢占いでは、富士、鷹、茄子の順に縁起がいい夢とされました。

富士: 日本一の霊峰であり、高い目標や理想をあらわし、立身出世の象徴

鷹: 可能性の広がりや自由な行動力をあらわし、開運や夢の実現につながる

茄子: 事を成すに通じ、貯蓄や子孫繁栄をあらわす

とありますが、私もあやかりたいと毎年初夢を見るのを楽しみに床につきますが、ハッキリとした夢を見たことがありません。。。

が、最近は強く思う夢があります!!

数年前の夢は自宅サロンでしたのでサロンを持つ事でした。今はサロンで働くスタッフを増やしたい。

私たちとおんなじ考えでお客様と接し、切磋琢磨しながらお互い成長できるサロンにしていきたい。

そんな仲間と一緒に仕事ができたら楽しいし幸せだろうなぁ〜

と常々思っています。

これが私の今、思う夢です^_^