「マニキュアでもしようかしら」とふと爪を見たら、なんだか気になる爪のアレコレ(−_−;)

きれいにお手入れいいていたはずが、二枚に割れていたり、でこぼこだったり、縦すじができていたり…。こんな症状ありませんか?

二枚爪は、乾燥や外部からの衝撃が原因で起こります。爪の上から背爪(はいそう・トッププレート)、中爪(ちゅうそう・ミドルプレート)、腹爪(ふくそう・アンダープレート)の三層できています。その中間に空気が入ることで1番上の背爪や2番目の中爪が少しずつ剥がれてしまいます。普段から水仕事が多い人やマニキュアの除光液をよく使う人は、乾燥しやすく、二枚爪なりやすいです。また、冷えから起こる血行不良による乾燥が二枚爪を引き起こすこともあります。

爪の切り方も関係があり、やすりより爪切りを使うと二枚爪を起こしやすいようです。爪切りは、間違った使い方をすると、爪に衝撃を与えてしまいます。そのため爪が弱くなって二枚爪になってしまうわけです(-。-;

ほかにも、偏った食生活も爪が割れる原因の1つです。皮膚と同じタンパク質でつくられている爪は、そのタンパク質が十分に摂ってないと、爪自体が弱ってしまいます。ビタミンAも爪を健康に保つため大事な栄養素なので、ビタミンAが不足すると乾燥により爪が割れやすくなります。

ビタミンB2も爪を新しく生まれ変わらせてくれる栄養素です。不足すると爪からツヤが失われ成長を妨げます。

お肌を守るためにマッサージをしたり保湿や栄養クリームと気に掛けている方が多いですが、爪も同様マッサージや保湿を心掛けて指先美人になりませんか(^^;;